猫の食事 猫にはどんな食べものや栄養が必要?

猫の食事、毎回キャットフードのみを与えているのならばともかく、手作りする場合は栄養バランスが気になります。

猫というと肉食というイメージをお持ちの方が多いと思いますが、その通り、生きていくには動物性のタンパク質、すなわち肉や魚が欠かせません。

肉や魚は猫の体を作る元となる、大切な栄養素です。

肉や魚をメインに野菜類を組み合わせる

もちろん肉や魚だけを与えていれば良いというのではなく、ビタミンやミネラルも適量摂取しなくてはなりません。

1部のビタミンは、肉や魚にも多く含まれており必ずしも野菜をたっぷり食べる必要ありませんが、肉や魚から摂取できないビタミンやミネラルも存在します。

ですので、手作り食を与える場合には肉を多めに、野菜を少なめに混ぜて与えるのがよいでしょう。


ここまで読んだところで、あれ炭水化物は?と思われた方もおられるかもしれません。

私たち人間は穀類・・・例えば白米や小麦等を主食としますが、猫にとっては炭水化物は必要ではありません。

というよりも、猫は炭水化物をうまく消化吸収できないため、与えすぎるとお腹をこわす原因となることがあります。

手作りごはんで、あえてご飯類を与える必要は全くないでしょう。
もちろん、ほんの少量ならば食物繊維がお通じを良くする効果もあるため、与えてはダメという事はありません。多少ならばOKです。

猫には与えて与えてはいけない食べ物もある

なお、肉や魚がメインだと書きましたが、生の魚介類は猫には与えないでください。

お腹を壊してしまうかもしれないという理由もありますが、例えばイカや貝類などは猫にビタミンB1の欠乏症を起こさせる可能性があります。

あと、ネギやニンニクをはじめ、ゴボウ、タケノコなどアクをたくさん含む食べ物も猫にはよくありません。

それらの食材を、あえて用意して猫に与えることはあまりないと思いますが、例えば人間の食事を作るついでに、同じ食材で猫のご飯も作られているという方は、食べさせてはいけないものを混ぜてしまわないようご注意ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする