猫の正しいご飯

キャットフード、何を基準に選んでいますか?
価格でしょうか、それとも材料?添加物の有無?

キャットフードの内容にあまり関心がない飼い主さんがいる一方で、最近は猫のキャットフードの品質が重視されるようになり、以前にはあまり見かけなかった高品質なキャットフードが出回るようになってきました。

なぜ、最近の飼い主さんはキャットフードの品質にこだわるの?

高品質キャットフード・・と聞くと、良さそうな事を謳っているだけで、猫にはどうでもよいのでは?と思われる飼い主さんもいるかもしれません。

実際、そこそこ安物のキャットフードでも、猫は美味しそうに食べます。

ただ、どのキャットフードでも同じだという方は、そのキャットフードの原材料が何かをよくチェック、検討してみたことはあるでしょうか?

事実を知ると、何も知らずに愛猫に食べさせていたことを後悔するかもしれません。

原材料欄にあるよくわからない肉系食材の正体、知ってますか?

例えば、スーパーなどで普通に売られているキャットフードの原材料メインの欄には、以下のような材料がよく記載されているのを見かけます。


コーンミール、ミートミール、肉類(家畜ミール)、肉副産物、赤色○○号..etc..


これって一体何だか分かるでしょうか?
ミールと書かれているものは食べ物だとは分かりますが、食べ物なのに一体何なのかわからない。

例えばミートミールや肉副産物は、確かに肉ではあるのですが、私たちの食品にはまず使われない、食べるのに適さない「肉」が含まれていることが多いです。


ではいったい、何の肉なのでしょう?

一概にこれとは言えませんが、例えば鳥のくちばしや内蔵、病気で亡くなった動物、安楽死させられた動物の肉等々・・いわゆる4Dミートと呼ばれる、行き場がなく処分もできない肉類を形を変えてペットフードなどに配合しているのです。

確かに肉ではありますし、蛋白源にもなるとは思います。
ですが、そんなものを飼い猫に食べさせたいと思う飼い主さん、いるのでしょうか?


しかしなぜ、もはや食べ物とは言えないようなものをペット用のフードに加工しているのでしょうか?

1つには、肉類にかかるコストを抑えることで、商品価格をできるだけ安く抑えられるというところにあります。


ペットの食べ物の品質にこだわる方がいる一方で、出来るだけ安いものを選びたいという飼い主さんも沢山います。

また、猫に悪いものを食べさせようとは思っていないけれど、普段から食べ物の添加物などに無関心な方だと、何も考えずに安いフードを買って与えてしまっているような場合もあるでしょう。

たとえ品質の悪いフードが売られていたりしても、選ぶ人がいなければすぐに消えていきますが、現状を見れば分かるとおり、市場には価格の安いキャットフードが沢山出回っています。

残念ながら、それだけ安価なキャットフードの需要があるということなのですよね。

低価格キャットフードには例外なく穀物が沢山配合されている

安価なキャットフードに高い割合で配合されているのが、穀物です。

猫は本来肉食であるはずですが、そのような肉や魚を沢山使えば当然ながらフードの価格は上がりますし、大量生産できません。

ですので材料の調達がしやすく、かつ安価な穀物が沢山利用されています。


スーパーなどに買い物に行った際、低価格キャットフードの原材料名の欄をチェックしてみてください。

大抵は材料名の最初の方に穀類、例えばとうもろこしやコーンミール、小麦などの名前が並んでいるフードが多いのではないかと思います。

原材料は、使用している量が多い順に記載するというルールがありますから、それらの穀物の名前が最初の方に並んでいたとしたら、そのフードには沢山穀物が配合されているということになります。


穀物自体、猫の食性にはあわない食べ物ですが、特に、穀類の中でもとうもろこしやコーンミールは猫の体に適さない食べ物です。

消化器官に負担がかかりやすく、猫によってはお腹を壊してしまったり、アレルギーを発症する原因ともなり得ます。

そういった食材が沢山使われている時点で、価格だけを重視し、猫の体のことなど考えていないフードだといえるのではないでしょうか?

猫の健康に悪影響を与える添加物は使われていませんか?

キャットフードは食べ物です。
食べものである以上、開封後は劣化してしまいやすく、できるだけ早く食べてしまわなくてはなりません。

しかし、特にドライフードは驚くくらい日持ちするものが多いのですよね。乾燥しているからだとも言えますが、それにしてもかなり持ちます。

なぜ、それほどまでに日持ちが良いのでしょうか?


それは、キャットフードには様々な添加物が使われているからです。

例えば「BHA」や「BHT」、「エトキシキン」。
これらは、キャットフードの酸化防止のために配合される事が多い添加物です。

キャットフードは脂肪分が多く含まれる食べものですから、封を開けると途端に酸化しはじめます。保存状態が悪いとすぐにフードが酸化して脂臭くなり、猫が食べてくれなくなる可能性があります。


先にあげた添加物は、その酸化を防止する目的で使われているのですが、実はこれらの酸化防止剤は発がん性があると言われています。

ほんの少量なら問題ないでしょうけれど、長年そのようなフードを食べ続けたとしても、問題はないのでしょうか?また病気の猫にずっと与え続けたとして、その影響は?

人間用の殆どの食品への利用が禁止されていることを考えれば、そのような添加物を含むフードを、猫に与えてよいかどうかの判断は容易にできるのではと思います。


あと「亜硝酸ナトリウム」と呼ばれる保存料も、キャットフードには使われている事が多いです。

保存料とかいた通り、食品の細菌の繁殖を抑えたり、発色をよくみせたりするために使われます。

これは人間用の食品、例えばハムやソーセージなどにも利用されていることが多い添加物ですが、この添加物は肉類に含まれている「アミン」という成分と反応し、発がん物質の「ニトロソアミン」に変化すると言われており、添加物に詳しい方ならまず口にしないでしょう。

私自身も、これらが含まれたハムやソーセージは絶対に食べません。

人間の食品に使われているのなら大丈夫では?と思う方もいるかもしれませんが、猫は人間よりも体がかなり小さいことを考えると、やはり口にさせるべきではありません。


さらに着色料。
食品に色を付けるための添加物です。

正直、見た目なんて構わない猫の食品着色料なんて一切必要がないはずなのですが、飼い主さんに美味しそうに見えるように様々な着色料が使われています。

赤色○○号や青色○○号、黄色○○号なんて言葉、見たことがありますよね。これらは発がん性があると言われていたり、アレルギー発症の原因となる可能性が示唆されています。

まったく猫には必要がなく意味がないものだけに、愛猫には絶対に食べさせたくないものです。


避けたい添加物は上記にあげた限りではありませんが、低価格キャットフードには、非常に沢山の添加物が使われているということがわかるかと思います。

こういったものが含まれたフードを毎日食べたとして、猫の健康に良いはずがありません。

食品の保存のために、最低限必要な添加物も存在しますが、今回あげたような、危険性の高い添加物が配合されたキャットフードは選ばないようにしましょう。

なお、「エトキシキン」は原材料欄への表示義務がないため、配合されていてもわかりません。エトキシキンフリー、もしくは無添加を謳った製品を選ぶと良いでしょう。

猫の為に選びたい! 高品質キャットフードは?

先に書いた事に目を通し、キャットフードを与えること自体が怖くなってきたという方もおられるかもしれません。

確かに、キャットフードの中には驚くほど粗悪な製品も存在します。

ですが最近は、そういったフードの品質に目を向ける飼い主さんも増え、以前では殆ど見かけなかった品質の高いキャットフードが出回るようになりました。

そんな中からキャットフードを選ぶ場合に意識したいのは、特に以下の4点です。

・肉や魚の配合量が高い
・グレインフリー(穀物不使用)
・危険な添加物を含まない
・人間が食べられる品質の食材を使用

猫が病気(たとえば泌尿器系の病気など)を持っていたり、元々の体質によっては療法食を選んだ方が良い場合もありますので、そういった猫を飼われている方は、獣医さんなどに相談した方が良いと思います。


というわけで上記の条件を元に、おすすめできる高品質キャットフードを以下にまとめてみました。

フードによって、鶏肉のみ、魚のみ、また肉と魚両方をミックスしたものなどもあります。

特に何もなければ鶏肉を使ったカナガンが良いと思いますが、やや太り気味であるとか、シニア猫、鶏肉アレルギーがある猫は、魚メインのフードが適していると言えるでしょう。


TOP